ご利用の手順

お電話、メ-ルでのご相談

当社では、精神患者搬送の様々な事例を経験した男性スタッフ・女性看護師がご自宅から病院・全国の施設などへの移送を致します。安全に移送する事はもちろん、ご本人様に合った適切な移送方法をスタッフよりご提案させて頂きます。ご家族様の疾病でお悩みの方は、当社にご相談ください。

  • 統合失調症
  • アルコ-ル依存症
  • うつ病
  • 摂食障害
  • 幻覚・幻聴・妄想
  • パニック障害
  • ひきこもり

その他の症状もご相談ください。

打ち合わせ

お電話にて、ご本人様の現在のご状態・一日の過ごし方・日々の決まりごとやかかりつけ病院の確認、ご自宅の状況やご本人のお過ごしになっているお部屋の間取りなどを確認させて頂きます。それらの情報をもとに当日の搬送方法を検討し、ご利用料金の説明をさせて頂きます。ご要望があれば事前にご指定の場所に伺うことも可能です。

ご本人様の
状態
  • 1ご家族の説得に応じてくれない
  • 2ご家族への暴言、暴力
  • 3近隣とのトラブル
  • 4薬を飲まなくなってしまった
  • 5監視されてる、悪口を言われてる
    などの独り言

当日の移送方法

ご本人様が男性の場合は男性スタッフ3〜4名、女性の場合は、女性看護師または女性救急救命士を含んだ3〜4名のスタッフが同行いたします。
搬送契約書の内容をご確認頂いた後、ご本人様の説得に入らせて頂きます。人権を侵害するような拘束や威圧的な搬送は原則行っておりません。万が一抵抗が強く暴れてしまった場合、状況をご家族に説明しご了承の上で対応させて頂きます。

ご予約

搬送方法・料金等にご納得頂けましたら正式なご予約となります。その際にご本人様の氏名・ご家族様の連絡先・搬送時間の詳細などをお伝えください。
当日はお約束の日時にご自宅またはご指定の場所に伺い、実際の手順を確認させて頂きます。
キャンセル料は、前日・当日の場合 運賃の30%になります。

ご料金

当日のスタッフの人数や受け入れ病院までの距離によって料金が異なるのでお電話、またはメ-ルでお問合わせください。
ご精算は、搬送終了後にお願いしております。

搬送事例

30代女性統合失調症 (宮崎県までの搬送)

相談内容

10代の頃から統合失調症で入退院を繰り返し社会人になり東京で一人暮らしをしていた。夜間徘徊にて補導されたり、妄想が強く昼夜逆転行動や多額の通販購入などの問題行動がみられた。ご両親も心配になり宮崎の病院に入院させたいとの相談。

当社の対応

初めは地元への帰省も含め拒否が強かったが看護師の説得でご自身で身支度をされ車へ移動。1,200㎞の移動も車内ではスタッフと雑談し食事も睡眠もしっかりとり終始落ち着いていた。
ご両親は、先に飛行機で宮崎に向かい病院にて合流。男性2名 女性2名の対応で搬送し入院になる。

30代女性躁うつ病

相談内容

抑うつ状態にてクリニック通院していたが、被害妄想強く家族へ罵声を浴びせたり落ち着きなく昼夜問わずに多動になる。かかりつけ医より入院加療を勧められるも家族や医師の説得には応じず、病院へ連れて行きたいとの相談。

当社の対応

ご家族より、なるべく手荒なことはせず女性看護師による説得を行ってほしいとの希望。家族にてまずは説得を試みたいとのことで、20分ほど夫と姉で説得するも興奮状態となり、攻撃的な言動をくりかえしていた。その後、スタッフの対応とし、1時間程度女性看護師と二人きりで過ごす。ご本人なりに納得され、身支度後自ら車両乗車され入院となった。

50代女性引きこもり

相談内容

数十年前にうつ病との診断。高齢の母が通院に付き添っていたが、数年前より母が認知症となり通院・服薬中断。自宅でネズミを餌付けしたり水道蛇口を全開にして涼をとったりしている。数年前に自宅で転倒し、臥床して過ごせなくなり一日中台所で座位になっている。金銭を持たずに出かけたりの問題行動もあり、家族の認識もなく被害妄想強い。海外在住の兄弟より治療を受けさせるために病院へ連れて行きたいとの相談。

当社の対応

朝から兄弟が説得するも、兄弟との認識がなく、泣き叫んだりしている。男性への拒否反応があるとのことで女性看護師が訪問する。不明言動あり、興奮されており説得は困難な状況。乗車時、声を上げ抵抗するが、男性スタッフが歩行介助し車両に乗車。移動中は危険行動なく看護師や男性スタッフと雑談され入院加療となる。

50代女性摂食障害

相談内容

以前より摂食障害あり、ここ数カ月で20キロ前半まで体重減少。本人の通院拒否強く家族の説得には応じない。病院治療させたいという同居の夫より相談。

当社の対応

スタッフ3名にて対応。本人の通院拒否強く、コミュニケーション困難であったが、スタッフの説得にて独歩にて乗車され、病院にて入院加療となった。

30代男性統合失調症

相談内容

ご両親への暴言・暴力が激しく、ご家族の生活に支障をきたしている。同居の両親は本人との会話も難しく両親よりとにかく病院へ連れて行きたいとのご相談。

当社の対応

ご両親と搬送方法について相談した際、スタッフのみでの対応が望ましいと考え、両親には別の場所で待機して頂き訪問。スタッフ説得にて自ら乗車され病院へ移動。入院加療となる。

40代女性統合失調症

相談内容

精神科入院歴あり、薬物療法を拒否するようになってから幻聴・幻覚・徘徊がある。近隣住民とのトラブルを起こし、息子の通学を妨げている。部屋を締め切り、外部との接触を拒んでいる。同居の母より入院加療させたいとの相談。

当社の対応

本人の行動スペースに入り、息子を離した状態で説得行う。幻聴・幻覚強くコミュニケーションが取れず、「霊が見える、霊の指示に従う」などの不明言動を繰り返し徘徊している。説得は困難であるため、母に状況説明。とにかく病院に連れて行きたいとのことで、ご家族同意の上スタッフが拘束し車両に乗車。家族付き添いにて落ち着いて移動され、入院加療となる。

60代女性統合失調症

相談内容

戸建てで独居の方。真冬でも暖房をつけず、屋外と室内を素足で昼夜を問わず徘徊している。清潔行為が行えず、下肢のけがもある。近隣住民への迷惑行為あり。近隣より警察への通報あり、別居の息子より下肢の加療も含め、病院へ連れて行きたいとの相談。

当社の対応

息子様と一緒にご自宅へ。室内と玄関前を往来しており、独語発し不明言動聞かれる。両下肢に布を巻きつけており所々浸出液が見られる。下肢の状態が心配なので見せてほしいと説得し、ご自分で身支度され、ストレッチャーへ移動される。病院にて入院加療の運びとなった。

ご利用にあたって

精神疾患患者移送は、移送専門としておりますので病院の紹介、医療行為などは行っておりません。
また、ご本人様からのご相談もお受けできませんので予めご了承ください。